イニシャルウッド

あなたはフォトウェディングを行いますか?
最近では結婚式の前や後に、素敵なドレス姿をのこせるフォトウェディングを結婚式の一環で撮影するカップルが増えています。

前撮りには様々なメリットがあります。
まず、前撮りした写真は結婚式当日に、ウェルカムボードや2人を紹介するオープニングムービー、エンドロールにも使用できます。
また席次表に2人のプロフィール写真として載せるのも素敵ですね。

そして、結婚式の前にウェディングドレスや和装を着用して、ヘアメイクも行うので、当日の予行練習も兼ねてフォトウェディングを行えるのは魅力です。

後撮りにも様々なメリットがあります。
結婚式当日はとても忙しいので、満足のいく撮影ができなかったというカップルも多くいます。
しかし、後撮りであればゆっくり時間も取れ、自分達の理想に近いかたちで撮影もできるので満足のいく写真が残せます。

また、結婚式ではウェディングドレスしか着用しなかったけれど、やっぱり和装も着ておきたいという方もいるので、そのようなカップルにも後撮りはオススメです。

結婚式をしないカップルにもフォトウェディングにはメリットがたくさんあります。
時間を掛けてゆっくり撮影ができ、ウェディングドレスと和装の両方を着用することができ、費用もぐっとおさえることができます。
でも、写真は一生モノ!
今しか撮れない二人の姿をアルバムに残せます。

形式にとらわれず、自分達のオリジナルな写真を撮影できるフォトウェディングですが、ちょっとしたポージングやアイテムでさらに素敵にオシャレになりますよ。
せっかくの一生に一度の写真なので、思い切って照れずにオシャレに撮影したいですよね!

フォトプロップス

フォトプロップスを使っておしゃれに

フォトプロップス

フォトウェディングには欠かせないアイテムといえばフォトプロップスです!
プロップスには、映画などで使用される「小道具」という意味があります。
カラフルでポップなデザインが可愛く、写真もパッと明るくなります。

このフォトプロップは気軽に手作りできて、インターネットから無料でダウンロードができたり、作り方が載っているサイトも多くあります。

イニシャルウッド

イニシャルウッドとは、新郎新婦のイニシャルの形をしたオブジェです。
最近では、100円均一などでも販売しており、気軽に購入できます。
そのイニシャルウッドに好きな色を塗ってみたり、リボンやパールなどを付けて可愛くアレンジしても良いですね。

2人のイニシャルが入る事でより印象的な写真に仕上がります。

シャボン玉

2人の門出を祝福してくれるかのように空高く舞い上がるシャボン玉は、フォトウェディングの演出をよりロマンティックにしてくれます。
2人でシャボン玉を吹くシーンなどを入れるのもより写真を魅力的にしてくれます。

ガーランド

最近良く見掛けるガーランドは、壁に掛けたり、天井に吊るしたり、新郎新婦が両端を持ったりといろいろな演出ができます。
ガーランドの文字は新郎新婦の名前をアルファベットで書いたり、写真撮影の日付、入籍日など入れても良いですね。

額縁

白いアンティークのような額縁や、美術館などで見掛けるゴールドのレトロな額縁を使うとより一層お洒落な写真が撮影できます。
自分達で額縁を持ってみたり、ウェディングドレスを着た子供に持ってもらうのも可愛いでしょう。

額縁を使用する場合は、背景なども綺麗な場所で撮ると、更に素敵な写真に仕上がります。

キスシーン

お花で隠してキスシーン

撮影のポージングは照れます!きっと恥ずかしいです。
撮影になれていない方は笑顔が引きつってしまうこともあるかも…
出来れば事前にお二人で練習して、当日は照れずに思いっきり楽しんで撮影してくださいね

お姫様だっこ

女性なら一度は憧れやってみたいと思うお姫様だっこ!
ウェディングドレスや着物を着ても気軽にできるポーズで人気があります。

ただし、新郎がしっかり持ち上げないと写真がブレてしまったり、持ち上げた時の新婦の角度によっては写真が上手く撮影できないので少し練習しておくと良いでしょう。

キスシーン

人前ではちょっと恥ずかしいと思うカップルも多いと思いますが、小さい小物やブーケで口元を隠して撮影したり、影のシルエットを撮影するなどの方法で、素敵な一枚が完成します。

おでこをつける

どうしてもキスシーンが恥ずかしいというカップルにオススメなのが、お互いのおでこをコツンとつけて撮影をします。
ポイントは、おでこをつけて少し下を向くとより素敵に写真が撮れます。

プロポーズシーン

王子様とお姫様のように新郎がひざまずき、新婦に指輪やブーケを渡すシーンは、一生の思い出に残るシーンです。
どのようなポーズにしようか迷っているカップルには是非オススメです。

芝生に寝ころがる

花や芝生の上に寝ころんで横からや真上から写真を撮影するのも、立っている時とは違った一面が見えて面白いです。
枯れ葉の上でもすてきなので、寝転がる撮影はオススメです。

指輪(リング)を使用する

婚約指輪や結婚指輪を使用して、リングの中に新郎新婦を入れて、指輪を額縁のように見立てて撮影します。
背景は鮮やかで綺麗な感じを選ぶとより美しい一枚が撮れます。

おでこをつける

おでこをつけて


当日に撮りたいイメージがあっても、時間や撮影場所の関係で撮影出来ないことがあるかも知れません。
そうならないように撮影指示書などは事前に準備しておきたいですね!

相談時に指示書があると、ロケーション選びや揃えるアイテムなどをいろいろ決められるので、よりイメージに近い写真が撮影出来ますよ。
Instagramの写真などをキャプチャしておくだけでも十分です。プランナーさんにどんどん伝えましょう。

是非、一生の思い出に満足のいく素敵な写真を残してください。